住みやすい家作り|新築一戸建て計画は気候も考える

積み木
  1. ホーム
  2. 地域の特殊性

地域の特殊性

部屋

法律による制限

京都は平安時代からの歴史があり、いわゆる古都として知られています。この京都の特徴は、世界的な観光地として有名なほど多くのお寺や神社があります。日本には、京都ほど大規模な史跡がある場所はありません。それゆえ、建物を建築する場合も他にはないさまざまな建築制限があります。例えば、マンションを建築したりビルを建築する場合にも60メートル以上の高さの建物を建ててはいけないという条例もあります。注文住宅を建てる場合、景観を保護するため、高さ制限以外にもさまざまな制限があります。もちろん、京都市全体に適用されるわけではなく、文化財の近くに注文住宅を建てる場合に条例が適用されます。これらの制限に違反して住宅を建てると、罰則があります。

具体的な制限

では、注文住宅を建てる場合には、具体的にどのような制限があるのでしょうか。基本的に、お寺や神社などの主要な文化財がある場所であれば、注文住宅の高さ制限だけでなく、屋根の色や傾斜、外壁の色まで決められています。いくら、住宅を建てる自由を主張したとしても、洋風住宅を建築することは許されないのです。基本的にその文化財の見た目とマッチするように和風住宅でなければなりません。和モダン住宅ぐらいであればギリギリ問題ないと考えられています。もちろん、内装については自由になります。外見は和風住宅でも、中身を洋風にしても問題ありません。この制限については、京都市内の地域によって異なりますので、注意をしなければなりません。